RED PINE KITCHEN JOURNAL

プラントベース情報とレンタルキッチン記録

【台所道具フェチ】 かっぱ橋道具街探訪 【だったみたい】

かっぱ橋道具街に行ってきました。

f:id:redpinekitchen:20211128204129j:plain

 

レッドパインキッチンに新たに追加する道具を買うためと、個人的な買い物のためです。

基本テンポスで中古掘り出しものを物色している我々が、初めて乗り込む調理器具のメッカ、かっぱ橋

いやがおうにも高まる期待でお腹が痛い。ついに、馬嶋屋(後述)に行くんだ!!!

 

かっぱ橋道具街は浅草駅、田原町駅から徒歩圏内にある有名な調理器具・設備の問屋街です。まさにBtoBのため土日は多くのお店が閉まっています。

とはいえ、土日にしか行けない一般客・観光客にも喜んで売ってくださるお店もたくさんありまして、見きれないくらいです。

食品サンプル、電動の器具、洋・和食器、製菓用器具、パッケージ包装用品など厨房の器具のほとんどが揃います。

 

石井家二人で行ったのですが、二人とも図らずもとても興奮しまして、「我々は調理器具で興奮できるタイプの人間だったんだね...」とある意味発見がありました。

 

 

馬嶋屋菓子道具店

f:id:redpinekitchen:20211128194108j:plain

外装からおしゃれ 馬嶋屋菓子道具店

2019年にリニューアルオープンされたそう。外観にはコールテン鋼という材料を用いて経年変化してゆく様を菓子型の経年変化と重ね合わせて表現されているそうです。やだおしゃれ。

f:id:redpinekitchen:20211128194614j:plain

入口 写真の外に奥様を待つ男性が数人いらっしゃいましたなぁ。

f:id:redpinekitchen:20211128194705j:plain

入口。ここから、お菓子道具のワンダーランドが始まります

f:id:redpinekitchen:20211128194743j:plain

階段の周囲の壁に、クッキー型が大量にディスプレイしてある

おしゃれなディスプレイの方法!素敵すぎる。

金網に大量のクッキー型が番号と共に展示されています。

そこで形を選んで、階段脇の引き出しから該当の番号の型を取り出すシステム。

f:id:redpinekitchen:20211128194956j:plain

整然と並ぶシルバーの引き出し

インダストリアルというのでしょうか。素敵。

シリコマートの型など、何十種類置いてあるの?!という勢いで置いてあります。

こちらのお店では、個人で使う「ボーズ鍋」と「シリコマート」を購入しました。

和菓子用の道具がこんなに揃っているのは初めて見た。。。

金型も何もかも半日は見ていられる品揃えです。

majimaya.com

 

釜浅商店

次は鍋だ鍋。

f:id:redpinekitchen:20211128195726j:plain

こちらもこんなにおしゃれなしつらえ。

馬嶋屋もそうですが、釜浅商店も、ロゴマークがかっこいいです。

歴史を感じさせる重厚なロゴと、現代レトロっぽいフォントの組み合わせなのだろうか、かっこいい。。。

f:id:redpinekitchen:20211128195928j:plain

IH対応 ステンレス鍋 直径24cm

手で打ったという雪平鍋が欲しかったのですが、雪平鍋は基本的にアルミでできているため、果物などの酸に非常に弱くすぐ黒く変化してしまうそう。

果物を煮ることも多いかと思うのでステンレスの鍋、しかもIH対応のものにしました。

直径24cmって結構大きいのではないだろうか?どうでしょうか。

レッドパインキッチンに置きますので、どうぞお使いください♪

 

www.kama-asa.co.jp

 

つば屋庖丁店

こちらのお店も大変な有名店ですね。

私もピーラーを長いこと愛用しております。(包丁ではなく笑)

 

今回は、レッドパインキッチン用に「セラミックの庖丁」を購入しました。

f:id:redpinekitchen:20211128200430j:plain

実はキレッキレなセラミック庖丁

キレないような見た目だからって、甘く見たらケガする。

研がなくてもよく切れるセラミック庖丁は取り扱いに注意です。

レッドパインキッチンの包丁入れに入れておきまっす。

 

こちらのお姉さんのチャーミングなこと!!

都会の下町の美人はカッコよす。

tsubaya.co.jp

 

番外編:キッチン城山 と 犬印鞄製作所

 

このへんになってくるともう写真がなくなってくる笑。

 

tabelog.com

 

洋食屋さん。

最近とんと食べなくなった、目玉焼き+ハンバーグとご飯と味噌汁。

美味しかった!!

 

そして、一目ぼれをいたしまして、買ってしまった。

犬印鞄。

いぬじるし。

f:id:redpinekitchen:20211128201206j:plain

A4サイズ3WAYバッグ。なんと紫です。あと筆箱と、プレゼントのコースターとスリーブ

こちらのメーカーは、ブロンプトン(自転車)用の鞄も作っていらっしゃるそうで、ブロンプトン好きでもある私にはもうなんていうか、今まで知らなかったのがとても悔しいです笑。

この鞄のチャック部分がかっこいいです。

f:id:redpinekitchen:20211128201450j:plain

「浅草 犬印鞄」て刻印が入っているのです涙。

本当はもっともっと何個も欲しかったです。我慢しました!!

www.inujirushikaban.jp

 

かっぱ橋で印象的だったのは2つ。

1つは、とにかくものの種類が多いこと。

最近はインターネットで全てが見られると思いがちですが、全くそんなことはない、というリアルの圧倒的な物量にやられます。

そして実際に見て選べるので「目が肥える」気がします。鍋一つ選ぶにも、見て触って、自分の持っている文字情報とすり合わせ、本当にこれでいいのか、信用に値する道具か?!と選ぶのは、中古品を選ぶのと同様とても楽しいです。

 

2つめは、どこのお店でも、「壊れたら修理するから持ってきて」って言われること。

犬印の鞄も、「とってが壊れたら持ってきてね」って言われました。

壊れたら捨てるしかないものが多い中、壊れたら直して大切に使い続けられるという当たり前の贅沢がまだ生きている。

買うときの気持ちが全く違います。これ、修理してずっと使えるんだ、って思うと。

 

番外編の番外編:ヴァーネル

谷中に「ヴァーネル」というサワーブレッドの専門ベイカーがあります。

私はパン素人ですし、全く何が語れるわけでもないのですが、連れ合いは無類のパン好きで、こちらのパンを心より愛しているようです。

浅草まで出向いたのだから、もちろん谷中まで行って買いました。

東京にはいろいろなパンがありますが、私にとってもヴァーネルのパンは特別です。

「パンのおいしさ」はとても細分化されていて、どのパン屋さんのどのパンも最高に美味しいです。

でも、小麦のグルテンの風味と味、皮の香ばしさと中のもちもち感がダイレクトに味わえる、素朴な味わいは、ヴァーネルのパン!!

そう、素朴で濃い味わいのシンプルなパンです。

いろいろな世代の人が行列して買っていかれます。

bread-lab.com

 

写真、馬嶋屋がたくさんあってだんだんなくなってごめんなさい。笑

 

とても楽しかった。かっぱ橋

キラキラした台所道具をまた選びに行きたいです。

 

f:id:redpinekitchen:20211128210048j:plain

東京スカイツリーのお膝元。かっぱ橋道具街