RED PINE KITCHEN JOURNAL

プラントベース情報とレンタルキッチン記録

【NEW開設!】プラントベース栄養学 自習室を開始します!

ずっとやろうと思っていたことをついに始められそうです。

 

2021年8月に受講・修了した、

eCornell(米国コーネル大学のオンライン講座)Plant-Based Nutrition。6週間で、WFPB(Whole Food Plant Based)の基礎が学べる講座です。

nutritionstudies.org

 

この講座が教えてくれるプラントベース栄養学の基礎を、日本語で自習もかねて学び直します。

eCornellの講座に依拠した形で、日本ではまだあまり輪郭のはっきりしない"プラントベース”の輪郭をなぞるような自習室にしたいです。

 

この講座を修了してよかったのは、講義の内容に加えて、確かな信頼できる情報源(英語だけど)となるwebpageのリンクや人物をたくさん教えてくれたことです。

この自習室ではそういった情報も織り交ぜていきたいと思います。

 

eCornellのプラントベースの栄養学は主に3つの柱で構成されています。

  1. 栄養学と社会の関係について
  2. 飽食時代の疾病について
  3. プラントベースの食事の実践方法について

。。。。2以外、どの話題も、まだあまり馴染みがない話題かな、と思います。

でも、これらに触れることによって、「なぜプラントベースなのか。なぜヴィーガンなのか。」という科学的な根拠を垣間見ることができます。

思想というよりも、自分達が今どういう状況にいるのか、を教えてくれる感じです。

 

プラントベースを推奨するベストセラー"Folks over Knives"も日本語訳はまだないんですよね。Deliciously Ellaさんなどのレシピも全く翻訳されていないし。

 

プラントベースってなんだろう?

どうしてプラントベースが良いの?

と思った方々と繋がれて、一緒に学べたり実践できたりしたらいいな!という希望を込めて始めることにします。

 

最近のアメリカのニュースで注目したニュースがこちら↓。

 

www.asahi.com

この方は筋金入りのプラントベース栄養学実践者で元警官のエリック・アダムス氏。

政治の中枢にくる人がこういう栄養学を実践している人で公立学校の給食を変えたりしている。「政治と栄養学が関わりがある」、という興味深い例です。

 

勉強して、そして実際に実践してゆく過程も記録していく予定です。

 

公共の場で(笑)楽しく自習してますので、見てってください♪